売掛債権担保融資は売掛金を担保にした借り入れ、ファクタリングは売掛金の譲渡です。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資はABL(アセット・ベースト・レンディング)とも呼ばれていて、名前の通り売掛債権を担保にして借入をする金融商品です。
売掛金を利用した資金調達ではファクタリングもあります。
ファクタリングは売掛債権の買取で本来の入金日に得られる売掛金をファクタリング業者が受け取ることで回収しています。

 

売掛債権担保融資は、売掛金を担保にして借入を行い分割での返済ができます。
売掛金一回分を担保にして分割返済できるタイプや、継続して取引している売掛債権を担保に入れることで、状況に応じて借入を繰り返し利用できるタイプなど売掛債権担保融資には複数の商品や契約プランがあります。

 

 

売掛債権担保融資の特徴

ポイントを解説する女性

ファクタリングは金融商品ではないのに対して売掛債権担保融資は利息制限法の範囲内で金利を設定されるので手数料は安いです。
ファクタリングは買取なので売掛債権のみしか見ないですが、売掛債権担保融資は申込のあった企業に対しての融資です。

 

上限は売掛金ではなく無担保で利用できる借入額に売掛債権担保評価を上乗せされる仕組みです。
利用する企業が赤字決算や実績の乏しい場合は売掛先の信頼性が高くても審査に落ちることがあります。
ギリギリ無担保融資での審査に落ちる場合は少額でもいいので売掛債権を担保に入れることで希望額の借入を認めてもらえるケースもあります。

 

無担保に比べて担保ありでは売掛債権の評価額だけではなく、利用企業の返済できなくなった時のリスクが変わるので何かしらの担保を入れることで銀行は貸し倒れリスクが少ないと判断してくれます。

 

また、売掛先の企業の信頼性も考慮されるので、通常融資では不利な条件が揃っていても売掛先の信頼性が高ければ金利や貸付額を優遇されることがあります。
つまり、融資を受ける企業や事業者と売掛先の双方の与信を考慮して審査が行われています。
一般的には売掛金を債権譲渡登記を行い、売掛先には知られずに担保にして融資を受けられます。

 

 

売掛金を回収できなかった時のリスクが違う

ファクタリングには償還請求権のなしとありを選べます。
償還請求権とは、売掛先が倒産したり経営不振などを理由に売掛金を支払わなかった時に債権譲渡を受けた者が利用企業に対して弁済を請求できる権利です。
ファクタリングでは償還請求権なし(ノンリコース)が主流になっていて売掛金破綻時のリスク回避をできるメリットがあります。

 

一方売掛債権担保融資は償還請求権ありの契約が一般的で、売掛先が倒産したり支払いをしないトラブルになっても借金はなくなりません。
手数料で見れば100万円以上で金利15%以下になる債権担保融資の方がメリットは大きいですが、売掛先破綻時のトラブルリスクでファクタリングは優れています。

 

 

ファクタリングと売掛債権担保融資の選び方

設備投資などまたまった資金調達をして、分割で返済したい場合は売掛金担保融資の方が優れています。
季節的要因や大口案件の受注など、売上や運営コストに波が出て資金回転率が悪くなっている場合はファクタリングの方がオススメです。

 

どちらでも対応できる場合は売掛債権担保融資の方が手数料的には優れているのでオススメしますが、利用企業の与信も審査されるので、赤字決算など問題点があると利用できません。
さらに、利用企業と売掛先の双方の審査を行うため、審査に数営業日ほどの時間を取られることが多いです。
ファクタリングは業者によっては売掛先のみの審査で最短即日入金などスピーディーな対応を行っています。
審査に通るかや資金調達までに必要な時間を考慮して検討してください。

 

page top