ビジネスローンは金融機関や商品によって限度額、金利、利便性など様々な選択肢があります。

ビジネスローン(ノンバンク)

ビジネスローンのイメージ

 

ビジネスローンはノンバンクとも呼ばれ、主に銀行以外の貸金業者が行う無担保・無保証人の事業用融資商品です。
銀行融資に比べて審査が甘くて少額融資に強いメリットがあります。
また、業者によっては最短即日のスピード融資に対応していたり、個人向けローン商品で人気のカードローンを扱っているノンバンクも増えています。

 

審査に通りやすくて利便性が高いメリットのある一方で金利は高めです。
提供している金融機関や商品が多いので、限度額、金利、利便性など様々な選択肢があります。

 

 

ビジネスローンの審査は決算書重視

ビジネスローンは直近2期分の決算書の提出を求められることが多いです。
決算上の利益や代表者の信用情報を重視される傾向が強く、黒字決算にして他社からの借入がなければ審査に通る可能性は高いです。

 

逆に直近の売上が好調でも税金対策で決算を赤字にしている場合や、急激な成長と事業拡大のための設備投資には向いていません。
銀行であれば受注書などを添付することで審査を有利に進めてくれることもありますが、ビジネスローンは将来の売上よりも過去の実績を重視する傾向が強いです。

 

 

細かい借入を繰り返す人から人気のカードローンタイプ

カードローンイメージ

カードローンは一度発行すると限度額の範囲内で自由に借入と返済を繰り返せます。
運転資金のちょっとしたショートなど、数万円から数十万円程度の借入と返済を繰り返す場合に重宝します。
一度カードを発行すれば、提携ATMなどから借入と返済をできます。
入金日まで残り数日で資金が足りない場合は、入金日に返済すれば利息が日割り計算によってお得に利用できます。

 

利息の日割り計算をしている商品は多いですが、窓口融資や振込による繰上返済を求められると気軽に利用できず約てい日を待ってしまうことが多いです。
返済の手間も少ないので、早期返済で利息を節約すれば金利の高さをカバーできます。

 

これから起業する人や、給与所得、役員報酬で個人の収入を確保している場合は個人向けのカードローンを作っておく方法もオススメです。
事業用資金での活用を禁止していることもありますが、代表者から借りる方法を取るなど事業資金として活用できる方法はたくさんあります。

 

 

ビジネスローンを利用することで銀行融資は不利になる

ビジネスローンは少額融資をスピーディーに借入することを強みにしています。
状況に応じてビジネスローンやノンバンクと銀行融資を使い分けることが理想ですが、ビジネスローンの借入は信用情報機関などに履歴が残ってしまいます。
完済済みなら問題ないですが、借入残高がある場合は銀行融資を受ける際に不利になります。
全ての借入残高による融資率で審査をされますが、銀行からの借入に比べてノンバンクからの借入は銀行への印象が悪いです。

 

また、カードローンタイプは便利な一方で借入していなくてもカードを持っているだけで限度額の満額を借金している扱いを受けてしまうので注意しましょう。

 

page top